本文へジャンプ

トップページ > 広報・トピックス>消防救急デジタル無線の運用開始について

広報・トピックス

 

消防救急デジタル無線システムの運用開始について

 備北地区消防組合では,電波法関係審査基準の改訂に伴い,消防救急業務で使用していたアナログ無線システムを平成27年4月1日から「消防救急デジタル無線システム」に移行して運用を開始しました。(平成27年3月2日から同年3月31日までは試行運用期間)

 当消防組合では,「消防救急デジタル無線システム」を有効に活用し,災害時における迅速,確実な活動を行うことで、市民の安心と安全を守ります。          

テキスト ボックス:       (通信指令センターでの無線通信の様子)   (消防車両内での無線通信の様子)  テキスト ボックス: 消防救急デジタル無線システムのイメージ図

 

消防救急デジタル無線には次の特徴があります。

1 通信エリアの拡大

  基地局を最適に配置したことにより,アナログ無線システムでは通信が行えなかった地区でも通信が行えるようになりました。

2 無線統制の高度化

  「消防救急デジタル無線システム」では携帯電話のような個別音声通信が可能となります。

3 プライバシーの保護

  「消防救急デジタル無線システム」で使用されている通信方法は,市販されている無線の受信機では通信を傍受できないため,住所や氏名などの個人情報を取り扱う場合でも無線による通信が可能となりました。

4 クリアな音声

  アナログ無線システムに比べて雑音がなく,高音質な通信が可能となりました。高音質な通信は,重要な情報を正確に伝えることができるため,現場活動がよりスムーズに行えます。

 

ページトップへ


消防署のご紹介

備北消防組合イメージキャラクター トンビくん

建物の防火安全情報 表示制度

火災予防措置命令状況

違反対象物の公表制度

備北消防管内AED設置箇所

消防法の改正による住宅用火災警報器の設置について

備北地区消防組合

広島県三次市十日市中
三丁目1番21号
TEL:(0824)63-1191(代)
FAX:(0824)63-3446
消防本部
 総務課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9573
 予防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9574
 警防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9575
 通信指令課(代表)
 TEL:(0824)63‐1191