本文へジャンプ

トップページ > 三次消防署 > 中国新聞みよしファミリー > 2008年10月

三次消防署

中国新聞みよしファミリー 2008年10月

平成20年度総合防災訓練

 このたび,三次市で地震や台風などの大規模な災害の発生を想定して「総合防災訓練」が行われます。
 
 1 日時

   平成20年10月21日(火) 13時30分~16時00分

 2 場所

   三次市十日市 (親水公園)

 3 訓練予定種目

  ④防災展示    等

ガス機器を安全に使用しましょう!

  ガスが燃えるには,新鮮な空気が必要です。換気不足や,ガス機器の整備不良による不完全燃焼で発生する一酸化炭素は,無色・無臭です。気づきにくいですが,毒性は強力で,少量でも危険です。ガス機器を使用する際は,必ず換気をしてください。

 ◎ 換気扇や電灯などの電気のスイッチは,着火源となる恐れがあるので,絶対触れないでください。

救急車の適正な利用をお願いします。

 平成18年中の全国の救急出動件数は約524万件と,10年間で約55%増加しています。そのうち,救急車で搬送された方の約52%が入院の必要がない方でした。

 救急車の台数には限りがあり,出動の重複や命にかかわる重大な出動に遅れが発生するなど支障をきたしています。尊い命を守るために,救急車の適正運用にご理解と協力をお願いします。

防炎性品を使いましょう

 皆さん,身近で火災の危険を感じたことはありませんか?調理中,コンロの火がそで口にあたり火傷をしたり,寝タバコで布団を焦がすなど,私たちの周りには火災の危険が潜んでいます。繊維製品は私たちの生活に必要不可欠なものですが,同時に燃えやすい性質があり,小さな火に触れても着火しやすいため,これが火災の発生をまねく要因となっています。万が一に備えて,防炎製品を使いましょう。

 

住宅用火災警報器の設置が義務化になりました。
  新築住宅は 平成18年6月1日から
  既存住宅は 平成23年5月31日までに

  早めの設置をお願いします。

中国新聞みよしファミリー一覧へ»

ページトップへ


三次消防署

消防署のご紹介

備北消防組合イメージキャラクター トンビくん

建物の防火安全情報 表示制度

火災予防措置命令状況

違反対象物の公表制度

備北消防管内AED設置箇所

消防法の改正による住宅用火災警報器の設置について

備北地区消防組合

広島県三次市十日市中
三丁目1番21号
TEL:(0824)63-1191(代)
FAX:(0824)63-3446
消防本部
 総務課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9573
 予防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9574
 警防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9575
 通信指令課(代表)
 TEL:(0824)63‐1191