本文へジャンプ

トップページ > 三次消防署 > 中国新聞みよしファミリー > 2008年1月

三次消防署

中国新聞みよしファミリー 2008年1月

謹んで新年のお慶びを申しあげます

昨年は,消防業務につきまして格別のご支援とご協力を賜りありがとうございました。 本年も市民の皆様のご期待に添えるよう業務に励んでまいりますので,よろしくお願いいたします。

防災とボランティア週間

阪神・淡路大震災を契機に,災害時のボランティアと平常時における 自発的な防災活動の重要性を認識するため,阪神・淡路大震災の発生した 1月17日を『防災とボランティアの日』,この日を中心とした1週間1月 15日から1月21日を『防災とボランティア週間』とすることが定められ ました。この日(週間)をきっかけに,ご家族で災害対策やボランティア活動 について考えてみましょう。

文化財防火デー

毎年1月26日は,『文化財防火デー』です。文化財防火デーの制定は, 昭和24年1月26日に,現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町) が火災になり金堂の壁画が焼損したことを契機としています。この火災は国民に強い衝撃 を与え,火災などによる文化財保護の危機を深く憂慮する世論が高まりました。その後, 法隆寺金堂が建てかえられ,文化財保護思想の普及啓発事業として昭和30年に, 1月26日を『文化財防火デー』と定められました。以来,毎年この日を中心に全国 各地で防火訓練などの文化財防火運動が展開されています。
あっ,消防車が通れない!?
「消火栓」や「防火水槽」をご存知ですか。これらは,消防活動に欠かすことの 出来ない施設です。消火栓や防火水槽などの周囲5メートルは,道路交通法で駐車が 禁止されています。また,自動車を停めた右側の道路上に3.5メートル以上の余地が なければ駐車できません。違法駐車が消防活動の妨げになったり,消防車や救急車の 到着が遅れる原因になることがあります。消火栓などの周囲や狭い道での駐車はしな いようにしましょう。一刻を争う消防活動に,皆様のご理解とご協力をお願いします。

住宅用火災警報器の設置が義務化!
新築住宅は 平成18年6月1日から
既存住宅は 平成23年5月31日までに

早めの設置をお願いします。

中国新聞みよしファミリー一覧へ»

ページトップへ


三次消防署

消防署のご紹介

備北消防組合イメージキャラクター トンビくん

建物の防火安全情報 表示制度

備北消防管内AED設置箇所

消防法の改正による住宅用火災警報器の設置について

備北地区消防組合

広島県三次市十日市中
三丁目1番21号
TEL:(0824)63-1191(代)
FAX:(0824)63-3446
消防本部
 総務課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9573
 予防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9574
 警防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9575
 通信指令課(代表)
 TEL:(0824)63‐1191