本文へジャンプ

トップページ > 三次消防署 > 中国新聞みよしファミリー > 2009年1月

三次消防署

中国新聞みよしファミリー 2009年1月

謹んで新年のお慶びを申し上げます

  昨年は,消防業務につきまして格別のご支援とご協力を賜りありがとうございました。本年も市民の皆様のご期待に添えるよう業務に励んでまいりますので,よろしくお願いいたします。

「餅」による窒息事故を防ぎましょう!  

  この時期になると,お餅を食べる機会が多くなります。 
毎年高齢者が、お餅を喉に詰まらせたことによる,窒息事故が後を絶ちません。 
「餅」を喉に詰まらせないために,次のことに注意しましょう。
  ○ 小さく切って、食べやすい大きさにしましょう。
  ○ 急いで飲み込むことなく、ゆっくりと噛んで食べましょう。
  ○ 食事の際は,なるべく家族など一緒にするようにしましょう。  
   
詰まってしまったら
    周囲の人に119番通報を頼み,ただちに詰まった物の除去を行いましょう。

防災とボランティア週間

  阪神・淡路大震災が発生した1月17日を『防災とボランティアの日』,この日を中心とした一週間(1月15日から1月21日)を『防災とボランティア週間』として,大規模災害発生時における自主防災活動及び災害ボランティアの活動の重要性と必要性を呼びかけています。  この日(週間)をきっかけに,ご家族で災害対策やボランティア活動について考えてみましょう。

文化財防火デー

  1月26日は,『文化財防火デー』です。 三次市にも,国指定重要文化財の旧真野家住宅(みよし風土記の丘)をはじめ,多数の文化財があります。
 
文化財は,市民の貴重な財産です。文化財を災害から守るには,関係者だけでなく,住民の皆様の協力が必要です。
 
地域ぐるみで災害から文化財を守り,次の世代に引継ぎましょう。

 

 

 

住宅用火災警報器の設置が義務化になりました。
  新築住宅は 平成18年6月1日から
  既存住宅は 平成23年5月31日までに

  早めの設置をお願いします。

中国新聞みよしファミリー一覧へ»

ページトップへ


三次消防署

消防署のご紹介

備北消防組合イメージキャラクター トンビくん

建物の防火安全情報 表示制度

火災予防措置命令状況

違反対象物の公表制度

備北消防管内AED設置箇所

消防法の改正による住宅用火災警報器の設置について

備北地区消防組合

広島県三次市十日市中
三丁目1番21号
TEL:(0824)63-1191(代)
FAX:(0824)63-3446
消防本部
 総務課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9573
 予防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9574
 警防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9575
 通信指令課(代表)
 TEL:(0824)63‐1191