本文へジャンプ

トップページ > 三次消防署 > 中国新聞みよしファミリー > 2009年11月

三次消防署

中国新聞みよしファミリー 2009年11月

秋の全国火災予防運動 (11月9日~11月15日)

 「消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子」を統一標語に,秋の全国火災予防運動が11月9日から11月15日まで実施されます。

 この時季は,空気が乾燥し,火災の発生しやすい気象状況になります。また、暖房器具の使用が増えるため,火災の発生も多くなります。この機会に家庭内において,火災予防について話し合ってみましょう。

暖房器具の正しい使用

1 暖房器具を使用する前には必ず点検し,古くなった灯油は使用しない。

2 周囲に可燃物やスプレー缶などを置かない。

3 ストーブの上に洗濯物などを干さない。

4 カーテン類の近くに設置しない。

5 点火後は,炎の調整を行い,正常に燃焼していることを確認する。

6 給油するときは、消火してから行い、漏れが無いか確認する。

7 長期間使用しないときには、誤ってスイッチが入ることを防ぐためにコンセントを抜きましょう,また収納するときは、電池を抜きましょう。

11月9日は「119番の日」

 この日は,消防のダイヤルナンバー「119」にちなんで制定されました。119番は緊急専用電話です。正しい119番の利用について,一層のご協力をお願いします。

○ 落ち着いて正確に情報を伝えるようにしてください。

○ 問い合わせなどに使用しないでください。

※ 携帯電話からの119番通報は,場所の特定に時間がかかることがあります。次のことに注意してください。

(1) 通報している場所の住所,目標物を確認し正確に通報してください。

(2)電波状態が不良な場合は,近くの公衆電話や加入電話から通報してください。

(3)携帯電話の電源を切らないでください。再度,状況について問い合わせることがあります。

 

平成21年度全国統一防火標語

「消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子」

 

 

住宅用火災警報器の設置が義務化になりました。
  新築住宅は 平成18年6月1日から
  既存住宅は 平成23年5月31日までに

  早めの設置をお願いします。

中国新聞みよしファミリー一覧へ»

ページトップへ


三次消防署

消防署のご紹介

備北消防組合イメージキャラクター トンビくん

建物の防火安全情報 表示制度

備北消防管内AED設置箇所

消防法の改正による住宅用火災警報器の設置について

備北地区消防組合

広島県三次市十日市中
三丁目1番21号
TEL:(0824)63-1191(代)
FAX:(0824)63-3446
消防本部
 総務課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9573
 予防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9574
 警防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9575
 通信指令課(代表)
 TEL:(0824)63‐1191