本文へジャンプ

トップページ > 三次消防署 > 中国新聞みよしファミリー > 2009年2月

三次消防署

中国新聞みよしファミリー 2009年2月

平成20年 三次市における火災救急発生状況

  火災 47件

 建物火災19件,林野火災7件,車両火災2件,その他の火災19件

 昨年,三次市の火災発生件数は47件(前年比3件増),死者1名,負傷者2名

でした。建物火災では前年より2件増加しています。

 火災に早く気付くことが被害を最小限に抑えることになります。逃げ遅れによる犠

者を防ぐために住宅用火災警報器を早期に設置しましょう。 

 また,これから春先にかけて空気が乾燥し火災が発生し易くなります。風の強い日

には,屋外でのたき火・ごみ焼きは避けましょう。

 救急 2,106件

 急病1,221件,交通事故207件,一般負傷316件,その他362件

 昨年の救急件数は2,106件で前年より減少していますが,近年では増加傾向に

あります。

最近では,軽い病気や怪我で救急車を利用されることが非常に多くなっています。

緊急でないのに救急車を要請すると,最寄りの消防署や出張所に救急車がいなくなる

ため,他の消防署や出張所から出動することになり,緊急で救急車を呼ばれた所への

到着が遅れる恐れがあります。

 限りある救急車の適正な利用について,皆さまのご理解とご協力をお願いします。

 

春の全国火災予防運動 3月1日~3月7日

 この運動は,火災が多発する時季を迎えるにあたり,火災の発生を未然に防止し,

死傷者や財産の損失を防ぐことを目的としています。

 これを機会に,家庭や職場,地域ぐるみで火災予防について話し合ってみましょ

う。

また,三次消防署では,職場や地域単位で防火教室を実施しています。防火教室では

消火器の使用方法や住宅用火災警報器についての説明,防火についての講話などを行

います。

 ご希望の方は,三次消防署(電話63-1192)までご連絡ください。

「住宅用火災警報器」の設置はお済ですか? 

  消防法改正により,全ての住宅に住宅用火災警報器を設置することが必要にな

ました。

 新築住宅にはすべて設置,既存住宅の場合には『平成23年5月31日』まで

に設置するよう義務付けられました。

住宅用火災警報器の設置が義務化になりました。
  新築住宅は 平成18年6月1日から
  既存住宅は 平成23年5月31日までに

  早めの設置をお願いします。

中国新聞みよしファミリー一覧へ»

ページトップへ


三次消防署

消防署のご紹介

備北消防組合イメージキャラクター トンビくん

建物の防火安全情報 表示制度

火災予防措置命令状況

違反対象物の公表制度

備北消防管内AED設置箇所

消防法の改正による住宅用火災警報器の設置について

備北地区消防組合

広島県三次市十日市中
三丁目1番21号
TEL:(0824)63-1191(代)
FAX:(0824)63-3446
消防本部
 総務課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9573
 予防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9574
 警防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9575
 通信指令課(代表)
 TEL:(0824)63‐1191