本文へジャンプ
 

トップページ > 広報・トピックス> 9月9日は何の日?

広報・トピックス

 

9月9日は何の日?

 9(きゅう)と9(きゅう)で「きゅうきゅうの日」,すなわち「救急の日」です。
 「救急の日」は,救急業務及び救急医療に対して皆様方の理解と認識を深めていただくとともに,救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的に昭和57年に定められました。
 以来,毎年9月9日を「救急の日」とし,広島県ではこの日から1週間を「救急医療週間」9月9日~15日)として,各地で応急手当の講習会を中心とした救急に関する様々な行事が実施されています。

応急手当の重要性

 突然の事故や病気などのとき,救急隊が現場に到着するまでの間に,現場に居合わせた人が,迅速な119番通報,適切な応急手当を速やかに実施することにより,傷病者の救命効果が一層向上します。
 傷病者の救命のためには,現場に居合わせた人による応急手当,救急隊員の応急処置と搬送,医療機関での救命処置の連携がスムーズに行われることがとても重要になります。

心停止の予防 早い119番通報 早い心肺蘇生とAED 救急隊、病院での処置
 また,あなた自身の体を突然の心停止から予防するため,日頃から医療機関での定期検診や病気の治療などを行っておくことも大切です。

心肺蘇生法及びAEDの使用方法を習得しましょう。
備北地区消防組合では救命講習及び救急教室を,一年を通して行っています。 内容等はお気軽に最寄りの消防署,出張所までお問合せ下さい。 また,既に受講されている方も3年ごとの再講習をお勧めします。

助かる命を救ってください。 できることを一つ増やしてください。 受講しておけば良かったと後悔しないでください。 いざというとき,あなたは大切な人を助けることができますか? 私たちに手伝わせてください。


ページトップへ


消防署のご紹介

備北消防組合イメージキャラクター トンビくん

建物の防火安全情報 表示制度

火災予防措置命令状況

違反対象物の公表制度

備北消防管内AED設置箇所

消防法の改正による住宅用火災警報器の設置について

備北地区消防組合

広島県三次市十日市中
三丁目1番21号
TEL:(0824)63-1191(代)
FAX:(0824)63-3446
消防本部
 総務課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9573
 予防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9574
 警防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9575
 通信指令課(代表)
 TEL:(0824)63‐1191