本文へジャンプ
 

トップページ > 広報・トピックス>9月1日は「防災の日」

広報・トピックス

 

9月1日は「防災の日」

 

毎年9月1日は「防災の日」,「防災の日」を含む一週間を

防災週間」とします。 1

 

 

防災の日とは

 防災の日は,1923(大正12年)年9月1日に起きた関東大震災にちなみ,1960年(昭和35年)に制定されました。

 地震や台風等,災害時に必要な知識を身につけましょう!

 

―非常用持ち出し品の準備はできていますか?―

         を守る日頃の準備 2

~以下は一例です~

≪非常用持ち出し袋≫

現金

通帳

印鑑

保険証

免許証

懐中電灯

ラジオ

予備電池

ヘルメット

手袋

毛布

ライター

ナイフ

携帯トイレ

救急箱

靴下

下着

カイロ

生理用品

常備薬

防寒着

飲料水

アメ

雨具

着替え

 

≪備蓄品≫

レトルト食品

即席食品

飲料水

コンロ

割り箸

紙皿

ポリタンク

ラップ

ランタン

ビニール袋

工具

長靴

 

 家庭内で非常用持ち出し袋の点検や緊急時の避難場所避難経路について事前に決めておきましょう。



―命を守る避難の情報・避難のタイミング―

 災害の危険が高まった時に,市から発令される避難の情報は,

次の3つがあります。それぞれの意味を理解され,早期の避難を!!

 

・避難準備・高齢者等避難準備

     避難勧告や避難指示(緊急)の発令が予想される場合

 避難に準備を要する人(高齢者の方など)とその支援者は避難を開始しましょう。

 

・避難勧告 人的被害発生の可能性がある場合

 速やかに避難場所へ避難しましょう。

 

・避難指示(緊急) 人的被害の危険性が非常に高い場合

 まだ避難していない人は緊急に避難場所へ避難しましょう。

 

    これらの情報が発令されていなくても,普段と違う自然現象や

 身の危険を感じた時には,命を守るため避難を開始してください!

 

どうしても避難が

   難しいときは・・・ 土砂災害などでは,家の中でより安全な場所(例えば,

             がけから離れた部屋や二階など)に避難しましょう!

 


西日本豪雨災害について


  7月に発生した西日本豪雨災害では,土砂災害,浸水害により多くの方が亡くなられ,西日本各地に大きな被害をもたらしました。

 犠牲になられた方に対し,謹んでご冥福をお祈りするとともに,被災された方に対し,お見舞いを申し上げます。

                  備北地区消防組合職員一同

ページトップへ


消防署のご紹介

備北消防組合イメージキャラクター トンビくん

建物の防火安全情報 表示制度

火災予防措置命令状況

違反対象物の公表制度

備北消防管内AED設置箇所

消防法の改正による住宅用火災警報器の設置について

備北地区消防組合

広島県三次市十日市中
三丁目1番21号
TEL:(0824)63-1191(代)
FAX:(0824)63-3446
消防本部
 総務課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9573
 予防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9574
 警防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9575
 通信指令課(代表)
 TEL:(0824)63‐1191