本文へジャンプ
 トップページ > 広報・トピックス>たき火を行う際の火災予防について

広報・トピックス

たき火を行う際の火災予防について

     1


 これからの時季は空気が乾燥し,風の強い日が多く,火災の発生しやすい気象状況が続きます。

 当組合管内で発生した火災原因の第1位は10年以上連続で「たき火」です。

※ここで言う「たき火」とは,枯草焼き,あぜ焼き等,屋外で火を使用することです。

 特に,3月から5月は屋外で火を使用したことが原因で林野火災等が多く発生しています。火災にまで発展する要因は,枯草を焼却していて風にあおられ拡大するものや,火が消えたと思いその場を離れたことが主なものです。

 また,農作業で高齢の方が「たき火」を行うことが多く,たき火が燃え広がり,慌てて消そうとして,やけどを負ったり,亡くなられた事例もあります。

 2      3        4       5


 「毎年やりょうるけえ大丈夫!」

 「これぐらいなら大丈夫じゃろう!」という,ちょっとした油断や慣れが火災の原因の背景にあります。

 今一度,次のことに注意していただき,火災を防止し,尊い命を守りましょう。

① 強風時や乾燥時には,たき火はしない!

② 水バケツなどの消火用具を必ず準備する!

③ 山林や住宅の近くで,たき火はしない!

④ たき火から目を離さず,完全に消火する!

⑤ 作業中は,衣服への着火に十分注意する!

 

 

  6      7       8      9

ページトップへ


消防署のご紹介

備北消防組合イメージキャラクター トンビくん

建物の防火安全情報 表示制度

火災予防措置命令状況

違反対象物の公表制度

備北消防管内AED設置箇所

消防法の改正による住宅用火災警報器の設置について

備北地区消防組合

広島県三次市十日市中
三丁目1番21号
TEL:(0824)63-1191(代)
FAX:(0824)63-3446
消防本部
 総務課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9573
 予防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9574
 警防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9575
 通信指令課(代表)
 TEL:(0824)63‐1191