本文へジャンプ
 

トップページ > 広報・トピックス>多数傷病者対応訓練を実施しました

広報・トピックス

 

多数傷病者対応訓練を実施しました

        多数傷病者対応訓練を実施

 化学工場内で火災が発生し,有毒化学物質が放出され多くの従業員が負傷しているとの想定で,総合的な訓練を実施しました。

 日時:平成28年7月1日(金)9時30分訓練開始

 場所:住化アグロ製造株式会社庄原工場(庄原市川北町)

自衛消防隊放水 消火隊放水

危険物施設の火災に消防署消火隊と 住化アグロ自衛消防隊が放水

負傷者救出1 

負傷者救出 火災現場から負傷者を次々と救出します

除染活動1 

除染活動2      有毒化学物質に暴露した負傷者を救出し除染しているところです

現場指揮本部情報収集 現場指揮本部活動を統括

 現場指揮本部では 現場の情報を収集し活動隊を 統括します

救急隊集まる 負傷者への処置

 救急隊が集結し負傷者をトリアージ 処置,搬送します  

※トリアージとは多数傷病者が発生する事故 災害において救急搬送等の優先順位を選定することです。

 

挨拶

      備北地区消防組合戸田消防長と,住化アグロ製造株式会社庄原工場

    熊本工場長の挨拶で訓練を終了しました。

   訓練参加

   備北地区消防組合(15車両53人)

  消防本部指揮支援隊:2車両9人

  庄原消防署指揮隊:1車両2人 消防隊:2車両9人

            救助隊:1車両4人 救急隊:1車両3人

     訓練運営スタッフ:3車両7人

  三次消防署特別救助隊:1車両4人 救急隊:1車両3人

   東城消防署救急隊:1車両3人  

   口和出張所救急隊:1車両3人

   西城出張所救急隊:1車両3人

   高野出張所救急隊:1車両3人

住化アグロ製造株式会社庄原工場:60人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ


消防署のご紹介

備北消防組合イメージキャラクター トンビくん

建物の防火安全情報 表示制度

火災予防措置命令状況

違反対象物の公表制度

備北消防管内AED設置箇所

消防法の改正による住宅用火災警報器の設置について

備北地区消防組合

広島県三次市十日市中
三丁目1番21号
TEL:(0824)63-1191(代)
FAX:(0824)63-3446
消防本部
 総務課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9573
 予防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9574
 警防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9575
 通信指令課(代表)
 TEL:(0824)63‐1191