本文へジャンプ

トップページ > 広報・トピックス>年末年始は餅による窒息事故が増えます!

広報・トピックス

 

 年末年始は餅による窒息事故が増えます!

 

年末年始は餅による窒息事故が増えます!!

2

  餅による窒息事故は、家庭内で起こることが多く、特に高齢者に多く発生しています。また、年末年始に餅を食べる機会が多いため、12月や1月に事故が集中しています。 事故を未然に防ぐために、以下のポイントや応急手当について知っておくことが大切です。

 

餅などによる窒息事故を防ぐポイント

・餅等の食品は小さく切り、食べ易い大きさにして食べましょう。

・急いで飲み込まずに、ゆっくりとよく噛み砕いてから飲み込みましょう。

・食べた物を口に入れたまま、喋ったりしない。

・お茶や水などで、喉を湿らせて食べることも大切です。

 

応急手当の方法
1

 窒息事故が起きた場合、窒息した人には喉に手を当てて呼吸ができなくなったことを示す動作(チョークサイン)がみられます。餅等を食べているときに、こうした動きや急に顔色が悪くなってしまったときなどは,窒息が疑われます。この様な場合は、119番通報とAEDの搬送を依頼し,速やかに気道異物除去を行ってください。

傷病者に意識がある場合

・咳をすることが可能であれば,出来る限り咳をさせる。

,,*咳は異物除去に最も効果的

・咳が出来ない場合は、背部叩打法、腹部突き上げ法(ハイムリック法)などで異物 ,,除去を行う。

・異物が取れるか、反応がなくなるまで続けます。

3

,,,,背部叩打法

手の付け根で、肩甲骨の間を力強く何度も連続して叩きます

,,*座らせた状態、立たせた状態で行っても構いません。

,,,,腹部突き上げ法 4

・傷病者の後ろに回り、片手で握りこぶしを作り、みぞおちのやや 下方に当てる

・こぶしを作った手を、もう片方の手で握ります。

・体を密着させて、素早く手前上方に圧迫するように引き上げます

 *乳児や妊婦に対しては行ってはいけません。上記の背部叩打法  を行います。

 

,,,,傷病者に意識がない又は無くなった場合

・意識がない場合、応急手当を行っている途中で意識がなくなった場合には、直ちに、心肺蘇生法の手順を開始します。   <心肺蘇生法の手順はこちらから> 

ページトップへ


消防署のご紹介

備北消防組合イメージキャラクター トンビくん

建物の防火安全情報 表示制度

火災予防措置命令状況

違反対象物の公表制度

備北消防管内AED設置箇所

消防法の改正による住宅用火災警報器の設置について

備北地区消防組合

広島県三次市十日市中
三丁目1番21号
TEL:(0824)63-1191(代)
FAX:(0824)63-3446
消防本部
 総務課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9573
 予防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9574
 警防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9575
 通信指令課(代表)
 TEL:(0824)63‐1191