本文へジャンプ
 

トップページ > 広報・トピックス>住宅に潜む火災の原因

広報・トピックス

 

住宅に潜む火災の原因

住宅に潜む火災の原因

 

 毎年,火災の種別で全国的に上位となるのが建物火災,車両火災,林野火災となっています。なかでも建物火災をみると,「たばこ」・「ストーブ」・「こんろ」と,主に火を使用するものが火災の原因となっていますが,「電気」による火災も少なくはありません。そこで,家庭内に潜む「電気」による火災の原因となるものの例を挙げてみます。

コンセントのたこ足配線

 1つのコンセントで複数の電気機器を使用していると,その部分が過熱しショートして火災になりますので電気の容量を確認しましょう。

コンセントの差し込み

 長年使い続けたコンセントは接触不良を起こしやすくなっています。接触不良は,電気コードのプラグが発熱してまわりを融(と)かしショートして火災になりますので,プラグはきちんと差し込み,使用しないときは抜いておきましょう。

コンセントやプラグのホコリ

 コンセント内部やプラグの間にホコリが溜まると,その部分が湿気を帯びてトラッキング現象が起こり火災になりますので,定期的にプラグを掃除しましょう。また,プラグの先端に変色や曲がりがないかもチェックしましょう。

重い物を置かない

 電気コードの上に重い物を置いていると,その部分が傷つき過熱やショートしてじゅうたんや畳などに着火して火災になります。電気コードの上に重い物を置かないようにしましょう

電気コードを持って引き抜かない

 電気コードの中の線を痛め,そこから過熱しショートして火災になります。コンセントから電気コードを抜く時は,必ずプラグを持ちましょう。

※トラッキング現象とは??

 コンセントやテーブルタップに長期間プラグを差し込んでいると,コンセントとプラグの間にホコリが溜まり,このホコリが湿気をよび放電が繰り返されます。この状態が続くとプラグの表面が焦(こ)げ,電気が流れ発熱し発火します。このような状態をトラッキング現象といいます。

ご家庭内で暖房器具など火を使うことが多いこの時季は,「普段から火の元に注意しているから大丈夫。」なんて考えている方も多いのではないでしょうか。

火災の原因は意外なところに潜んでいます

貴重な人命や財産を火災から守るため,今一度チェックしてみましょう。

             1

ページトップへ


消防署のご紹介

備北消防組合イメージキャラクター トンビくん

建物の防火安全情報 表示制度

火災予防措置命令状況

違反対象物の公表制度

備北消防管内AED設置箇所

消防法の改正による住宅用火災警報器の設置について

備北地区消防組合

広島県三次市十日市中
三丁目1番21号
TEL:(0824)63-1191(代)
FAX:(0824)63-3446
消防本部
 総務課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9573
 予防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9574
 警防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9575
 通信指令課(代表)
 TEL:(0824)63‐1191