本文へジャンプ

トップページ > 災害への備え >地震に備えて

災害への備え

地震に備えて

地震の心得。地震はいつ、どこにいるとき発生するかわかりません。地震から身を守り、被害を拡大させないためには状況や場所に応じた行動をとることが大切です。

地震の心得10か条

まずわが身の安全を図れ

倒れやすい戸棚や本棚からすぐ離れ、丈夫なテーブルや机の下などに隠れ、身の安全を守る。

すばやく火の始末

「火事だ!火を消せ」とみんなで声をかけ合い、ガスコンロやストーブなどの火を止める。

非常脱出口を確保する

建物がゆがみとが開かなくなることがある。とくにマンションなどの中高層住宅では逃げ口を失うことになるので要注意。

火がでたらまず消火

「火事だ!」と大声で叫び、隣近所にも知らせる。消火器はぜひ備えておきたい。

外へ逃げるときはあわてずに

外へにげるときは瓦やガラスなどの落下物に注意。あわてず落ち着いた行動を。

狭い路地・塀際・崖や川べりに近寄らない

ブロック塀や門柱、自動販売機などからできるだけ離れよう。また、崖や川べりも危険地帯なので近寄らない。

山崩れ、がけ崩れ、津波に注意する

こうした危険がある場所では、早めに安全な場所に避難しよう。

避難は徒歩で、持ち物は最小限にする

荷物を欲張りすぎると避難行動に支障がでる、車やオートバイでの避難は厳禁。

みんなが協力しあって応急救護

とくにお年よりや体の不自由な人、傷病者、乳幼児などには手厚い救護で保護しよう。

正しい情報をつかみ、むやみに恐れるな

デマやうわさに惑わされず、市区町村や警察・消防、ラジオのニュースなどから正しい情報を。

ページトップへ


災害への備え

消防署のご紹介

備北消防組合イメージキャラクター トンビくん

建物の防火安全情報 表示制度

火災予防措置命令状況

違反対象物の公表制度

備北消防管内AED設置箇所

消防法の改正による住宅用火災警報器の設置について

備北地区消防組合

広島県三次市十日市中
三丁目1番21号
TEL:(0824)63-1191(代)
FAX:(0824)63-3446
消防本部
 総務課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9573
 予防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9574
 警防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9575
 通信指令課(代表)
 TEL:(0824)63‐1191