本文へジャンプ

トップページ > 災害への備え > 古くなった消火器は危険です!!

災害への備え

お宅の消火器は安全ですか?

安全ピンはついていますか。

キャップはゆるんでいませんか。

キャップや本体,底部に錆や傷はありませんか。

ホースにひび割れはありませんか。

圧力ゲージのついているものは,圧力を示す針が緑色の範囲内にありますか。

○使用期限がある消火器は,使用期限が過ぎていませんか。

 

 消火器の点検方法

 

消火器は適切な場所に設置しましょう。

誰もが見やすく,使いやすい場所に設置しましょう。

高温になる場所,湿気の多い場所など腐食しやすい場所はさけて設置しましょう。

震動などにより転倒・落下しないよう壁などに支持するなど,工夫して設置しましょう。

○本体が地面や床に直接触れる設置方法は避けましょう。

 

古くなった消火器は危険です!!

近年,腐食した消火器が破裂する事故が相次いで発生しています。

 破裂による事故は,経年劣化した消火器を使用又は廃棄するためにレバーを握った事が原因です。

 加圧式消火器は,錆びて傷んでいる場合,圧力に耐えきれずに破裂してしまう事があります。

 

【加圧式消火器の写真】

加圧式消火器

(外見上の特徴)

加圧式消火器には,圧力ゲージがついていません。

 

 

古くなった消火器は廃棄・交換しましょう。

○古くなり,錆や傷のある消火器は,使用時に破裂する恐れがあります。

○消火器は普通のゴミとは違います。廃棄する時は,本体容器を分解することや,薬剤を放出することは絶対にしないでください。

処分や交換については,お近くの消火器販売店や取扱店に依頼してください。   (処分の際,手数料がかかることがあります。)

 

ページトップへ


災害への備え

消防署のご紹介

備北消防組合イメージキャラクター トンビくん

建物の防火安全情報 表示制度

火災予防措置命令状況

違反対象物の公表制度

備北消防管内AED設置箇所

消防法の改正による住宅用火災警報器の設置について

備北地区消防組合

広島県三次市十日市中
三丁目1番21号
TEL:(0824)63-1191(代)
FAX:(0824)63-3446
消防本部
 総務課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9573
 予防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9574
 警防課(ダイヤルイン)
 TEL:(0824)63‐9575
 通信指令課(代表)
 TEL:(0824)63‐1191